Students


現在、教室には様々な生徒さんが在籍しています。初心者から始めた方、すでに革業界で働いている方等にお話を伺ってみました。

 
 

Student's Voice


なぜ教室に通おうと思ったのか、実際に通ってみてどうだったか、生徒さんの生の声をお聞きしました。

Aya Kojima 小島 彩


未経験から革小物の職人を目指し、スクールに通い始めました。分業化が進んでいる業界のなか、サンプル職人である先生にパターンをとるところから教えていただくことができ、未経験からでも職人を生業とするためのサポートをしてくださるという点に魅力を感じました。 私は全くの未経験、家庭用ミシンすらも中学生以降触れていない状態だったため、まずは就職を目標に、製作に慣れることを第一に、パターンがある状態から製作する「教材講座」を選択しました。 スクールでは、単なる作業工程を教えてもらうのではなく、なぜそのような作業工程と作りになるのか等の詳しい理由や、作業過程で起こったミスの細かな原因、革漉き機やミシンの仕組みを教えてくださり、考えながら製作することができます。更に、裁断や革漉き、糊付け、縫製においての数ミリレベルの改善点も細かく教えてくださるので、そのくらいの目で製作しなくてはならないという意識を養うことができます。また、受講時間も融通を利かせていただけるので、仕事等とも両立して長く通い続けることができます。 革小物メーカーの職人として就職できた現在も、新しい技術を身に付けたり、更なる技術の向上を図るために、スクールにて勉強を続けています。 将来的には、パターンをとるところから最後の仕上げまでをひとりで行えるようにすることが目標なので、教材講座が終えたあとは通常講座に切り替えて、スクールに通い続けます。そして、様々な技術を持って一つの製品に向き合える革職人を目指していきたいです。

Yuko Kondo 近藤 祐子


個人でバッグのデザイン・製作・販売をしております、近藤祐子です。 こちらでは通常講座で、型紙の起こし方から勉強しています。 もともと革バッグの製作はできるのですが、お財布や名刺入れなど革小物の製作はバッグ とは異なるので、作品のバリエーションを広げるために通い始めました。 バッグと違い革小物は、裁断から革漉き、組み立て、縫製にいたるまで、高い精度が必要 になります。 工程の中のわずかなズレが、完成したときの歪みにつながるので、とても難しいです。 ただ、自分では気づけないような細かい部分も、のがさず指導してくれるので、少しずつ ですが自分でも分かるようになってきます。 なので、市販品を見る目も肥えてきますね(笑)。 単に作り方を教わるだけでなく、「なぜ、ここをこうするのか?」構造上の理由や気を配る べき点など惜しみなく伝えてくれるので、自分次第でより多くのことを吸収できます。 一流のサンプル職人がどうゆう動作で作るのか、先生の手元を見せてもらうだけでも得る ものが大きいです。 私はこれまで、キーケース、2 つ折りパスケース、名刺入れ、ボックス小銭入れ、手帳型ス マホケース、長財布などをこちらで教わってきました。 さっそく、自ブランドの商品に取り入れることができて、とても感謝しています。 これからも、もっと技術を向上して自分のお客様のために良いものをお届けできるよう、 勉強していきたいと思います。 スクールの雰囲気はフレンドリーで楽しいので、毎回ここへ来るのが楽しみでもあります。

Mizuki Fujiyoshi 藤好 瑞希


私は現在靴の製甲(縫製)の仕事をしていて、以前から革小物の製作もしてみたいと思っていたのですがなかなか良い教室がなくずっと探していました。小物の製作をしている友人に相談したところAtelier K.I.に通っていると聞き、こちらの教室を知りました。 教室は他にもあると思いますが、職人を育てる教室で時間に融通がきき、仕事が忙しい時は休んで時間があるときにまとめて通ったりできるという点でとても私に合っていたため通う事にしました。 今まで仕事でミシン、革漉きはやってきましたが、通うようになって新しく知識も増え靴の仕事にも活かせています。先生は知識を隠さず何でも教えてくれるのでとても勉強になります。かなり細かく、突っ込んだ技術まで教えてくれていると思います。 靴の仕事は私の仕事だけでは完成しないのですが、小物は一人で製品にまでできることが魅力だと感じています。将来的には靴の仕事の比率を減らして小物の仕事に重点を置いていけたらいいなと思っています。
 
 

Student interview


AtelierK.I.教室出身で現在革業界で仕事をしている方にお話を伺ってみました。

 
 

人材をお探しの企業の皆さまへ


本校には革小物作りの知識と技術を学んだ有望な人材が多数在籍しています。人材をお探しの企業の皆さま、ぜひ一度ご相談ください。革小物の職人不足が深刻な昨今、職人を育て、日本のものづくりを盛り上げて今後も継続・継承できるよう尽力して参ります。