本日は、PRO-MENER プロムネで販売中の商品、コードバン 馬蹄形コインケースのセミオーダーのご紹介です。以前もコードバンの札入れをご注文いただいたお客様が今回は馬蹄形コインケースをオーダーしてくださいました。ステッチの色、裏革の色の変更と名入れの刻印をさせていただきました。少しの変更で自分だけのオリジナリティーが出せるセミオーダー。作る楽しみが広がりますね。PRO-MENER プロムネのセミオーダーでは店舗で販売している製品の形は基本的にそのままで、革の色の変更(パーツごとの変更も可)、ステッチの色の変更、名入れ等をしていただけます。また、ブランドの刻印をなくしたり、要らないパーツをなくす事なども可能ですのでお気軽にご相談ください。

コードバン馬蹄形コインケース01

内側の革のお色を変更し、イニシャルの刻印を入れさせていただきました。ブルーのステッチと内側の革がマッチして素敵な仕上がりとなりました。毎回小銭を取り出すのが楽しみになりそうですね。

使用している革は、CORDVAN(コードバン)の中でも珍しい最高級レザー、レーデルオガワの水染めCORDVAN(コードバン)です。CORDVAN(コードバン)は独特の硬質な素材感と、使用することで輝きを増すツヤ感から、「キングオブレザー」、「革のダイヤモンド」と称されています。きめ細かく、非常になめらかでしっとりとした質感が特徴です。一頭の馬から採れるコードバンの量はごくわずかで、臀部の分厚い革に守られた厚さ2mm程度のコードバン繊維を裏側から丁寧に削りだし、手間暇をかけて仕上げられているため、入手が非常に困難な素材と言われています。革の加工・染色を行うのはコードバンの仕上げを専門にしているレーデルオガワ。水性染料を革の中にまで染み込ませる水染めと呼ばれる独自の染色方法により、革本来の自然な風合いに透き通るような美しい艶と滑らかな手触りを実現しています。

PRO-MENER プロムネオリジナルの馬蹄形コインケースは表革と同色のステッチでお作りしています。金具を一切使わずに全て手縫いで作られている馬蹄形コインケースは設計、製作にかなりの技術が必要となります。そのため作れる職人の数はとても少なく、”馬蹄形は特別なコインケース”と言われています。”駒合わせ縫い”と呼ばれる技法で分厚いマチと本体を斜めに縫い合わせているため、耐久性に優れ型崩れしにくく長年愛用していただけます。コードバンも使い込むほどに艶が増し、味わい深く育っていきます。人生を共にするパートナーとしてお選びいただければ幸いです。

コードバン馬蹄形コインケース06

アトリエケーアイのオリジナルブランド、PRO-MENERプロムネではオーダーメイドによる財布、バッグ、革小物の製作を行なっています。既存のデザインのカスタマイズはもちろん、ご自身のお好きな形での製作も可能ですのでお気軽にご相談ください。革はPRO-MENERで使用しているものの中からお選びいただけます。厳選された最高級レザーでオリジナルのデザインを形にしてみませんか?パタンナー、サンプル職人として数々のブランドからの依頼をこなしている代表の池田耕平が承っております。詳しくは直接店舗にお越しいただくか、お電話またはコンタクトフォームよりお問い合わせください。
PRO-MENER
111-0051 東京都台東区蔵前 4-20-12 クラマエビル 3B
03 5829 6857
オリジナルブランドPRO-MENER プロムネ につきましてはこちらのWEBサイトをご覧ください。

home-main01